パチンコ・スロットをやめる!時間の無駄であることに気づきましょう

はじめに
パチンコをやめたいと思っていない人や、パチンコでストレスを溜めていない人にはこの記事は意味がありませんので読み飛ばして下さい。

はっきり言いますが、パチンコ・パチスロは時間の無駄です。バカになるだけです。

私も暇があればパチンコ三昧のギャンブル依存症でした。パチンコ屋に通っていた期間は10年以上になります。

今はパチンコ屋に行くことはなくなりましたが、これまでの時間を無駄にしてきたことを非常に後悔しています。

あなたがこの記事を読んでいるということは、パチンコをやめたいと考えているはずです。

この記事が、あなたの「パチンコをやめるきっかけ」になれば幸いです。

それでは、パチンコ・パチスロが時間の無駄であるという点について、私の考えを書いていきたいと思います。

▼目次

  1. パチンコ・パチスロのデメリット
  2. パチンコは時間の無駄!
  3. パチンコで負け込んで金がない人は読んでください
  4. パチンコ・パチスロで稼ぐことはできるけどやめたほうが良い理由
  5. 6号機が出始めた今が最大のやめるチャンス??
  6. 特に若い人には、人生を無駄にしていると気づいて欲しい
  7. 最後に:まずは1週間パチンコをやめてみましょう

パチンコ・パチスロのデメリット

パチンコやスロットのデメリットって何でしょうか?

少し考えればたくさんでてきます。

パチンコのデメリット
・時間を無駄にする
・金遣いが荒くなる
・バカになる
・ギャンブル依存症になる
・借金を抱えてしまう
・他の事に興味がなくなる
・副流煙による健康被害
・腰痛になる
・腱鞘炎になる

デメリットをあげるとキリがありませんので、この辺にしておきます。

反対に、メリットは何か?

パチンコのメリット
・一時的な快楽を得られる

当たった時の快感はなんとも言えない高揚感(楽しさ、気持ちよさ)がありますよね。

ただ、高揚感があると感じるのはギャンブル依存症であることを忘れてはいけません。ただの病気です。

パチンコを打たない人は、当選しても「あ、当たった」くらいしか感じません。

皆さんも初めてパチンコで遊んだ時はこのような感覚であり、高揚感はほとんど感じなかったと思います。

デメリットばかりのパチンコ、スロットですが、その中で最大のデメリットは時間を無駄にするという点です。

もし時間の無駄であると理解していてパチンコを打っているならば、ただのバカです。

私もそのバカの1人でした。少し頭を使えば、周りの人がパチンコを打たない理由がわかるはずなのに、当時は何も考えずにひたすら打ち続けていました。

なぜ最近の若者はなぜパチンコを打ちたがらないのか?なぜ年々パチンコ遊技人口が減っているのか?

考えればすぐ答えは出るはずです。つまらないし、金の無駄だし、時間の無駄であり、遊ぶことのメリットを感じないからです。

今は情報が簡単に手に入る時代です。パチンコは楽しいか?と調べてみると検索結果はデメリットばかりです。

そりゃ、遊びたいと思わないですよね。

圧倒的にデメリットの多いパチンコですが、あなたが何故パチンコスロットを打つのかよく考えてみてください。

よく考えた上で、パチンコ・パチスロがあなたにとって必要なものだと明確に説明できるようなら打ち続けても良いと思います。

パチンコは時間の無駄!

上でも書いた通り、パチンコをやめたい人に特に意識してもらいたいのは時間を無駄にしているという点です。

パチンコが時間の無駄だということについてもう一度よく考えてみてください。

普通に考えればわかることですが、パチンコよりも時間を無駄にできる遊びって中々ありません。

自分の価値や能力が全く変わらないのに、膨大な時間と金だけを消費します。

パチンコを打つ方ならお分かりだと思いますが、通常時の時間はとても苦痛です。1回当選するのに平均で30分以上かかります。ハマると2時間以上かかってしまうこともあります。

2時間も黙々とつまらない通常時を打つわけですが、2時間もあれば映画一本観ることができてしまいます。

パチンコをしない人がパチンコする人を馬鹿にするのも頷けますよね?

年間でどのくらいパチ屋に通ったのかを考えると、時間を無駄にしていることがわかります。

ギャンブル依存症の大半の人は、1週間に10時間以上パチンコ屋にいます。

1週間で10時間パチンコ屋に通った場合、年間で520時間使用します。仮にこの時間を全て映画鑑賞にしたら、2時間の映画が260本見れます。1年間で映画マニアになれますよね?本を10時間に1冊読めるなら、年間52冊の本が読めてしまいます。

ちなみに、パチンコ屋の滞在時間が1週間に10時間というのはギャンブル依存症の中では頻度が少ないほうです。重度の依存症なら週40時間くらいの人も結構います。

まずは、自分が1週間の中でパチンコ屋に通っている時間を計算してみて下さい。その時間でできることをよく考みてください。

パチンコで負けて金欠になっている人へ

金がないのにパチンコ屋に通っているのであれば、ここに書いてある内容を読んでください。

負けた時は「時間」も「金」も消費したのに得たものなし。おまけにストレスまで溜まります。金と時間を取られた上に、負けた悔しさでストレスまで溜めるとか馬鹿らしくないですか?

まず、パチンコであなたが失ったお金の行方を考えましょう

あなたがパチンコ店で失ったお金は、パチンコ店の利益だけではなく、パチプロやハイエナにも流れています。

自分で汗水垂らして稼いだお金が、パチプロやハイエナに流れてると考えると馬鹿馬鹿しくありませんか?腹が立ちませんか?

腹立たしいと思うことで、禁パチの意欲は上がります。

自分が稼いだお金の流れを意識するようにすればパチンコをやめる決断もしやすくなります。

中々辞めれないなら、最初は頻度を減らせ!

ギャンブル依存症にとって、いきなりパチンコを辞めるという行動はとても難しいことです。なぜならギャンブル依存症は病気だからです。

そもそも、簡単に止めることができるなら、ギャンブル依存症で困る人はいないはずです。

その理由として、頻度を減らすというのはパチンコを絶対に打ってはダメ!という事ではないので、気楽に挑戦することができるためです。

しかし、完全にパチンコやスロットを止めるのは難しいですが、行く頻度を減らすことは意外と実践する事ができます。

私自身もパチンコ店に行くのを止めるために色々試してみましたが、最初からキッパリ行かいようにすることはできませんでしたが、行く頻度を減らすことはできました。

パチンコの負け額は打っている時間に比例しますので、頻度が減れば使用する金も減ります。頻度を減らすことでお金に困ることも少なくなります。

なので、まずは行く頻度を減らしましょう。そうすると必然と金銭感覚も戻ってくるでしょう。

パチンコに行く頻度を下げる
→徐々に金銭感覚が戻る
→たまに打ちに行くとパチンコの金銭感覚のヤバさに気づく

パチ屋に絶対行かないと気合いを入れても3ヶ月で挫折するようなら頻度を減らす方法で挑戦してください。

上でも述べましたが、パチンコはもうやめる!と意気込んでも大抵は3ヶ月以内にパチ屋に通ってしまいます。私も何度かトライしましたが、挫折しまくりました。

そこで思考を変えて、頻度を減らす方法にシフトしてみました。

絶対に行かないではなく、
→1ヶ月に2回まで
→1ヶ月に1回まで
→3ヶ月に1回まで

すると不思議なことに、肩の荷が下りたように禁パチに取り組むことができました。なかなか禁パチができない方は頻度を減らす方法を試してみてください。

頻度を減らすには、可能な限り私生活を忙しくすることが重要

パチンコ依存症から脱却するためには、物理的にパチンコ店に行けないようにすることが大事です。

私はパチンコ依存症から脱却できた身なので、依存症から抜け出すための重要ポイントを記事にしてみました。本気で禁パチしたい方にはお勧めなので、参考にしてください。

パチンコ依存症を克服するために最も重要であるたった1つのこと

2019.05.22

パチンコ・パチスロで稼ぐことはできるが、やめたほうが良い理由

パチンコやパチスロはある程度なら稼ぐことができます。

パチンコを止めさせる記事を書いているサイトで、パチンコは全く勝てないとか、店が利益を出してるから客が勝つことは絶対にできないとか断言しているサイトをよく見かけます。

そんな記事を書いているサイトは、パチンコやスロットを何もわかってないで書いているんだろうなと思います。適当な記事を書いている人間にパチンコを止めるアドバイスをされても信じることなんかできませんよね。

話を戻しますが、稼ぐ方法として一番簡単なのはスロットやパチンコのハイエナだと思います。

スロットの天井狙いや、パチンコの遊タイム狙いはサルでもできる稼ぐ戦術だと思います。

ハイエナを徹底すれば、月平均で20万前後の金額を稼ぐことができるのは事実です。

この話を聞いて、スロットは稼げるじゃん!副業に最適じゃん!と考えるのは間違いです。

その理由として、ハイエナで稼ぐことができた人の大半は以下に記載したような負のループに陥る事が多いからです。

ハイエナで勝つ
→金に余裕ができる
→適当に打ってしまう(別に金に困らないため)
→大敗
→またハイエナ

実は私もこのループに陥いり、10年以上時間を無駄にしました。

3年くらい徹底的にハイエナしてかなり稼ぐ事ができましたが、お金に余裕ができたことで「何故ハイエナしているのか?スロットが全然面白くない。」という感覚をずっと持ち続けていました。

でも稼げるから中々やめれないし、他の趣味も楽しくないので、せめてパチンコくらい楽しもうと、ひたすら朝一から打ち続けてしまいました。

結果、ボロ負けして帰るなんてことも頻繁にありました。

そんな無駄なことを10年以上続けて、ある時気づきました。私はギャンブル依存症という病気にかかっているなと。

このままこの生活を続けてたらバカになる。パチンコを打たない人と差がどんどん開いていくと強く感じました。

パチンコスロットはサラリーマンの初任給程度なら稼ぐことは可能ですが、ギャンブル依存症という病気がおまけについてくるのです。

ギャンブル依存症を治療するのは想像以上に大変なことです。

ちなみに、金に余裕があってもハイエナを徹底し続けることができる人がいます。その人は才能があります。その才能はパチンコではなく他にことに使った方が良いと思います。

(余談)勝つことができているスロット依存症は重症であることを理解しておいた方が良い

パチスロで勝てているのにこのページに訪問していただいた方に読んでいただきたいです。

スロットで勝つことができている人が最もギャンブル依存症から抜け出すことが難しいです。

自分はスロットで勝ているので困っていません。小遣い稼ぎになるし、やめる理由なんてないという考えに陥りやすいです。

しかし、勝てているということはスロットの唯一面白い「当選」の時間を長く味わうことができているわけで、依存症のレベルもかなり高いです。

特に近年はハイエナが盛んになり、解析ブログに記載されている通りに稼働すれば勝つことができるので蜜の味を味わった方も多いはず。会社をやめて専業になった方もいるのではないでしょうか?

今現在勝てているとしても、自分がギャンブル依存症であることは認識しておくべきです。そして、ハイエナはバカでも簡単にできてしまうことを認識しておくべきです。頭を使わないのでどんどんバカになります。

年齢を重ねるごとに新機種の解析の流れについていけなくなります。その時に止めれないと最悪は借金生活が待っていますよ。

(余談)6号機が出始めた今が最大のやめるチャンス??

スロットは6号機に切り替わり、より規制も強くなり、勝ちにくくなりました。これから負け分を取り戻そうとか、稼ごうとか考えるのは間違いだと思います。今、スロットををやめる努力をするのが、最も正しい選択だと私は思います。

この記事書くために、私も久々にパチ屋に行って6号機を打ってきたましたが、2時間でギブアップでした。ATはすぐ終了するので通常時ばかり打たされて苦痛でした。映画観ればよかったと損した気分になりました(笑)

私はもうパチ屋に行きたいという衝動がないからなのかもしれませんが、6号機は全然面白ないです。

特に若い人には、人生を無駄にしていると早く気づいて欲しい

あと、ハイエナって頑張っても時給2000円ですよ?若い人には時給2000円は魅力的かもしれませんが、スロットしてる時は何も得ることができないです

今は満足できているかもしれませんが、5年、10年と経つ内に同じ年代の人との人生の経験値が桁違いに変わります。さらにギャンブル依存症がおまけでついてくる負のスパイラルです。

今が楽しければそれで良い。反抗期の年代が言うような事をやっている場合ではありません。

将来的に価値のある楽しいことを見つけましょう。

現に、スロット情報を展開しているハイエナ先駆者たちはスロットを打つ頻度が少なくなっています。情報展開するために打つ程度です。

将来を考えているのならば辞めるべきなのは明白です。

今が考え直す最高のタイミングではないでしょうか。

最後に。まずは1週間パチンコをやめてみましょう

パチンコスロットをやめたいと考えているのであれば、まずは行動に移しましょう。個人的には、一週間耐えるならキングダムがお勧めですね。めちゃくちゃ面白いのでギャンブル依存が強い段階でも効力のあるツールです。ここで行動移すことができるかどうかが大事ですよ!

最後になりますが、私はパチンコに行く頻度を半年に1回まで減らせるようになった頃から、仮に時給2000円でパチンコを打てと言われても打ちたくなくなりました。

何故かと言いますと、他に楽しいことがたくさんあるからです。2000円もらってパチンコ行くよりやりたいことがあるからです。これは人生が楽しいから言えることです。パチンコなんて、友達の付き合いで年1回行くくらいが良いと思いますよ。

この記事を読んで、皆さんのためになったら幸いです。それでは。

9 件のコメント

  • ある程度なら勝てるけど労力と時間がもったいないと感じる。
    たまにならいいと思うけど毎日毎日打つのはかなりの苦痛。

    • アカギさん
      パチンコスロットで勝つためにはかなり時間を要しますからね。時間の無駄なんですよね。

  • 私もスロット毎日、行ってましたが辞めました。
    時間無駄ですね。明日のスロットの事しか考えられなくなります。
    健康にも悪いし、気持ちも高ぶる、タバコも増えるし、肩もゴリゴリ、
    他に目が向かないから笑えなくなる。飯は不規則、勝っても負ける、パチ屋の不正疑う、
    精神的にまともじゃなくなる、金銭問題 他
    パチンコ、パチスロは、勝とうが負けようが時間の損です。
    覇気無い人間、余裕無く明日は犯罪者のような精神以上な無職がたくさん集まってます。
    行けば、また行きたくなるので完全に足を洗うのが一番勝ち組だと思います。

    • ゴンさん
      まさにその通りですね!パチンコ売っている人が勝ち組になるには、パチンコから完全に足を洗うことが最も近道だと思います。

  • 元専業で現在仕事しながらハイエナ、設定狙いで月平均15万程プラスです。それでも辞めたいと言う気持ちがかなりあるのですが、勝てるので今はまだ辞めなくてもいいか副業みたいなものだし、とずるずる来てます
    時折パチンコ辞めたいと言う検索をしていましたが、勝っていても時間の無駄!と言ってくれる方に初めて出会いました。ありがとうございます
    頑張って辞めようと思います!
    でも辞めれるか正直まだ不安です

  • 周りのパチンコしていない人間はみんな生き生きしてるように感じます。
    自分は負けてる時はもちろん、勝ってる時でもなにか後ろめたさ?みたいなものを感じてしまっています
    長々とすみません。少し聞いてもらいたくて書きました

    • takaさん
      私も稼いでた時期がありましたが、同じような感覚でしたよ。そのように気づいてる時が変われるチャンスだと思います。
      パチンコって自分への投資が0なんですよね。短期的には稼ぎやすいかもしれませんが、他の事でパチンコやっててよかったと思えることってないじゃないですか?なので、長期的に見たらパチンコは無駄なんですよ。
      パチンコやらない人は様々な経験をして、どんどん賢くなります。時間が経つにつれて人間力の差が離れていきます。
      大事なことなので2回言いますが、今気づいている時が変われるチャンスなので真剣に考えてみてはいかがでしょうか?

  • 私はスロット依存症者です。病的賭博という病気だと分かっていますが、あの快感がを味わいたくて、つい行ってしまいます。
    勝てば天下をとったように気分が大きくなり、負ければ死ぬほど後悔して堕ちます。
    毎日が自分の気分との闘いで、疲れ切っています。
    何かを買うのはケチケチとする自分がいるのに、パチ屋に入るとお金が紙切れに変わる恐ろしさを分かっていながら行ってしまう自分が情けないです。
    1日も早く足を洗って、普通の生活に戻りたいのです。今度は本気でGA(ギャンブラーズアノニマス)に通う事を考えています。
    何でこんな物に手を出してしまったのだろうと、毎日悩んでいるのですが・・・
    とりあえず、余分なお金は持たない。持つとしても札は両替して、小銭にしてしまう。
    そしてGAに通う。そこから始めたいです。

    • ミッチェルキノコさん
      スロットでストレス溜めるなんてもったいないですよ!止めるべきです。
      GAに通うのはギャンブル依存症から抜け出す1つの手段だと思いますが、完全に断ち切るなら継続が大事ですよ!
      完全に断ち切るのが難しいなら、頻度を減らすという手段も視野に入れると気持ちも楽になると思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    「豊かな人生を送りたい」をテーマに様々なジャンルの記事を書いています。知って得する情報を提供していますので是非ともご覧ください。 皆様に少しでもタメになるような記事が書けるように日々精進しております。是非ともフォローお願い致します。