6号機到来の今がパチンコスロットをやめる絶好のチャンス!!

人生を豊かにするブログ「ゆったいむ」です。
こんにちは。

有限である人生の中で、時間を無駄にしていると言える「パチンコ・パチスロ」
ハイエナをすれば勝てるものの、必死に頑張っても時給2000円かつ将来お先真っ暗という悲しい現実。

負けている方はもちろん、勝っている人でも辞めたいと思っている方も多いのではないでしょうか?

(時間なんてどうてもいいねん!娯楽で打ってるんだよ。という方もいらっしゃると思います。そのような方はこの記事は読み飛ばしていただければ幸いです。)

そんな中、みなさんご存知の通りパチンコ業界はさらに追い討ちを掛けられれ、6号機という出玉規制が発表されました。。出玉は2/3以下に抑えるなど様々な規制がかかり射幸心を煽らない仕様となる模様です。

私も以前はパチ屋に通っていました。ハイエナをして勝っていた時期もありますが、はっきり言って時間の無駄だと感じます。

辞めるか辞めないかはあなた次第ですが、もう一度よく考えてみてはいかがでしょうか?

今回はパチンコスロットを辞めようかモヤモヤしているユーザー達へ、今後辞めるべきなのか判断するための材料を書いてきたいと思います。

2つのユーザー層(勝てている人・勝てていない人)で分けて書いていきます。

 

ハイエナ専門(設定狙い専門)で勝てているスロット依存症

このユーザー層が一番パチスロを辞めにくいと思っています。自分はスロットで勝てているのですからね。他のユーザーよりも当たり小遣い稼ぎにもなるし辞める理由ないと思いがちです。

それに勝てているということは、スロットの唯一面白い「当選」を長い時間味わっているので脳もおかしくなっていますね。

特に近年はハイエナブログが盛んになり、解析ブログに記載されている通りに稼働すれば勝てることで蜜の味を味わった方も非常に多いです。会社をやめて専業になった方もいるのではないでしょうか?

そんなハイエナ専門で稼働している人が多いですが、ハイエナしている若い人を見ると、本当に人生損して可哀想と思ってしまいます。

ハイエナって頑張っても時給2000円ですよ?若い人にとって時給2000円は魅力的かもしれませんが、スロット打ってる間って他に何も得ることができないです

今は満足しているかもしれませんが、5年10年と経つ内に同じ年代との人生の経験値が桁違いに変わっていきます。さらにギャンブル依存症がおまけでついてくるという負のスパイラル。

今が楽しければそれで良い。反抗期の年代が言うような事をやっているようにしか見えないです。(もちろん、本当に金が無くて仕方なく打っている方であれば何も言えませんが。。。)

現に、スロット情報を展開しているハイエナ先駆者たちはスロットを打つ頻度が少なくなっています。情報展開するためにスロット打っているくらいですかね。

将来を考えているのならば辞めるべきなのは明白です。

このまま辞めずに打ち続けて6号機で勝てなくなったとしても、きっぱり辞めることが出来ないのであれば今が考え直す最高のタイミングなのではないでしょうか。

勝てなくなって、ハイエナ稼いだ分がむしりとられないようにしてくださいね。

 

負けている依存症の方


失ったお金はパチンコ屋に還元しているだけでは無く、上記に書いた「スロットで勝っている人たち」にお金を渡しているだけですよ??腹立ちません??自分で汗水垂らして稼いだ金ですよ〜

それでも打ちたいですか?失った金の行方を再確認しても辞めたいと思わないなら、打てばいいと思いますけどね。腹立たしいと思うのであればそれだけで禁パチの意欲は上がると思います。

辞めたいけど中々辞められない方は、少しでもパチ屋へ行く頻度を少なくするところから始めてみてはいかがでしょうか?初めからきっぱり辞めるってのは非常に難しいので。

そのために、できるだけ普段の生活を忙しくしましょう!行けなくしてしまえばいいのです。たまにある暇は行きたければ行けばいいと思います。少しずつ行く頻度を減らして最終的に辞めれれば豊かな人生が待っていると思います。

今後は6号機に切り替わって、出玉も大幅に少なくなります。これから取り戻そうと考えるのは間違っています。今辞める努力をするのが、最も正しい選択だと私は思います。

まとめ

あ、書いていないですがパチンコで勝っている方はなんとも言えません。どうやって勝っているのか知らないので。時給5000円くらいあっても打ちたいとは思いませんが。

以上、パチンコを辞めるべきと思う私なり考えです。もちろん反論はあると思いますが、少しでもタメになった方は禁パチを実践してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「豊かな人生を送りたい」をテーマに様々なジャンルの記事を書いています。知って得する情報を提供していますので是非ともご覧ください。 皆様に少しでもタメになるような記事が書けるように日々精進しております。是非ともフォローお願い致します。