パチンコ・スロットをやめる!時間の無駄であることに気づきましょう

はじめに
パチンコを止めたいと考えていない方、パチンコは娯楽としておりストレスを溜めることがない方にはこの記事は意味がないので読み飛ばして下さい。

はっきり言って、「パチンコ・パチスロ」は時間の無駄です。バカになるだけです。

私自身も暇があればパチンコばかり打っている重度のギャンブル依存症者でした。パチ屋に通った期間は10年以上です。時間を無駄にしたことを非常に後悔しています。今はパチンコなんて打つ気もしません。

この記事を読んでくれているあなたはパチンコをやめたいと考えているはずです。少しでもこの記事があなたの役に立つことを願っています。

それでは「パチンコ・パチスロをやめるべき理由」について私なりの考えを語りたいと思います。

パチンコ・パチスロのデメリット

パチンコ/スロットのデメリットは少し考えればたくさんでてきます。

パチンコのデメリット
・時間を無駄にする
・金遣いが荒くなる
・バカになる
・ギャンブル依存症になる
・借金を抱えてしまう
・他の事に興味がなくなる
・副流煙による健康被害
・腰痛になる
・腱鞘炎になる

デメリットはキリがないのでこの辺にしときます。

メリットはというと、

パチンコのメリット
・一時的な快楽を得られる

当たった時の快感はなんとも言えない高揚感(楽しさ)があります。ちなみにそう感じるのは病気ですからね。非パチンコ依存症者だと当たっても「あ、当たった」くらいにしか思わないらしいです。

デメリットばかりのパチンコ/スロットですが、私が強く訴えたいのは「時間を無駄にする」という点です。

もし時間の無駄であると理解しながら打っているのであれば、ただのバカでしょう。私もそのバカの1人でした。もう少し頭を使い、周りの人はなぜパチンコを打たないのかを考えた方が良いです。

なぜ最近の若者はなぜパチンコを打ちたがらないのか?なぜ年々パチンコ遊技人口が減っているのか?考えればすぐ答えは出るはずです。

つまらないし、金の無駄だし、時間の無駄であり、遊ぶことのメリットを感じないからです。

圧倒的にデメリットの多いパチンコですが、あなたが何故パチンコ/スロットを打つのかをよく考えた方が良いです。

よく考えた上で、パチンコ・パチスロがあなたにとって必要なものであると思うならば打ち続ければ良いと思います。

パチンコは時間の無駄!

何度も言いましたが、パチンコを止めようと考えている方に意識してもらいたいことは時間をどれだけ無駄にしているかということです。パチンコが時間の無駄である事についてよく考えてみましょう。

普通に考えればわかることですが、パチンコほど時間を無駄にできる遊びって中々ないんですよね。自分の価値が全く上がらない遊びであるにも関わらず、膨大な時間を消費してしまいます。

皆さん感じていると思いますが、当選するまでの時間って苦痛で仕方ないですよね?1回当選するまでに平均で30分以上かかります。ハマると2時間くらい消費します。2時間ずっとイライラするわけです。パチンコ打たない人がパチンコ行く人を馬鹿にするのも頷けます。

年間で考えると、より時間を無駄にしていることがわかります。

パチンコ依存症の大半は1週間に10時間以上パチンコ屋にいっていると思います。

1週間で10時間程度パチンコ屋に通っている場合、年間で520時間使用します。仮にこの時間を全て映画鑑賞にしたら、2時間の映画が260本見れます。1年間で映画マニアになれます。

ちなみにパチンコ打つ時間が1週間に10時間って結構遠慮がちに言っていますよ。重度の依存症なら週40時間くらいの人もいますからね。

まずは、自分が1週間の中でパチンコ屋に通っている時間を計算してみて下さい。その時間でできることをよく考えてみてください。

負けた時は「時間」も「金」も消費したのに得たものなし。おまけにストレスまで溜まります。負けた悔しさだけでなく、俺何やってんだろうというサラリーマンなら、せっかくの休日にストレス溜めるとか馬鹿らしくないですか?

パチンコで負け込んで金がない依存者へ

金がないのにパチンコ屋に通っているのであれば、下の内容を読んでください。

まず、パチンコであなたが失ったお金の行方を考えましょう

あなたが失ったお金は、パチンコ屋やパチプロに流れている訳です。腹が立ちませんか?自分で汗水垂らして稼いだお金が簡単に流れているのです。

娯楽にしては、明らかに金額が高すぎます。

腹立たしいと思うことで、禁パチの意欲は上がります。

中々辞めれないなら、最初は頻度を減らせ!

ギャンブル依存症にとって、いきなり辞めるのは非常に難しいです。

私自身もパチ屋に行くのを止めるために色々試しましたが、キッパリ行かなくなることは無理でした。

しかし、行く頻度を減らすことは結構簡単でした。パチンコの負け額は打っている時間に比例するわけなので、頻度がへればその分使用する金も減ります。頻度を減らすことでお金に困ることはなくなりました。

まずは行く頻度を減らしましょう。そうすると必然と金銭感覚も戻り始めます。

パチンコに行く頻度を下げる
→徐々に金銭感覚が戻る
→たまに打ちに行くとパチンコの金銭感覚のヤバさに気づく

たまにの暇な時に行けばいいと思います。少しずつ行く頻度を減らして最終的に止めることができれば豊かな人生が待っているはずです。

頻度を減らすには、可能な限り私生活を忙しくすることが重要

パチンコ依存症から脱却するためには、物理的にパチンコ屋に行けないようにすることが重要です。

私はパチンコ依存症から抜け出せた身なので、依存症から抜け出すための重要ポイントを記事にしてみました。本気で禁パチしたい方は参考にしてください。

パチンコ依存症を克服するために最も重要であるたった1つのこと

2019.05.22

(余談)パチンコ・パチスロで稼ぐことはできるけどやめたほうが良い

本題に入る前に、パチスロは全く稼げない訳ではないことを前提としてあげておきます。(スロッターなら理解できる方も多いと思います。)

稼ぐ方法として一番簡単なのはスロットのハイエナです。ハイエナを極めれば、月20万前後の金額を稼ぎ出す人もいるのは事実です。「極める」というより、「ひたすらパチ屋に入り浸りする」と言った方が正しいかもしれませんが。

ここで、スロットは稼げるじゃん!副業に最適じゃん!とか考えるのは浅はかです。ハイエナで稼いでいる人の大半は下記のようなループに陥ります。

ハイエナで勝つ
→金に余裕ができる
→適当に打ってしまう
→大敗
→またハイエナ

私もこのループに陥っていました。何やっているんだろう。。という感情を持ち続けていました。

時間の無駄であると感じていたけど、中々やめることができない。ある時気づきました。これがギャンブル依存症という病気だと。

そう、パチンコスロットはサラリーマンの初任給程度なら稼ぐことは可能だが、ギャンブル依存症という病気がおまけについてくるのです。

ちなみに、中には金に余裕があってもハイエナを続けられる人がいます。これはある意味才能だと思いますが、その才能はパチンコではなく他に利用したほうがあなたの人生を豊かにすることができるとは思います。

(余談)6号機が出始めた今が最大のやめるチャンス??

スロット業界は6号機という出玉規制が発表されました。出玉は2/3以下に抑えるなど様々な規制がかかり射幸心を煽らない仕様となる模様です。止めるかどうかはあなた次第です。もう一度よく考えてみてはいかがでしょうか?

今後は6号機に切り替わって、規制も強くなりより勝ちにくくなっています。これから取り戻そうと考えるのは間違っています。今止める努力をするのが、最も正しい選択だと私は思います。

(余談)勝つことができているスロット依存症は実はかなりヤバイ!

パチスロで勝てているのにこのページに訪問していただいた方に読んでいただきたいです。

このユーザー層が一番パチスロを辞めにくいです。

自分はスロットで勝ているので困っていません。小遣い稼ぎになるし、やめる理由なんてない!と思いがちです。

しかし、勝てているということはスロットの唯一面白い「当選」の時間を長く味わうことができているわけで、依存症のレベルも相当高いはず。

特に近年はハイエナブログが盛んになり、解析ブログに記載されている通りに稼働して勝利を得ることで蜜の味を味わった方も多いはず。会社をやめて専業になった方もいるのではないでしょうか?

今現在勝てているとしても、自分がギャンブル依存症であることは認識しておくべきです。

年齢を重ねるごとに新機種の解析の流れについていけなくなります。その時に止めれないと最悪は借金生活が待っていますよ。

特に若い人には、人生無駄にしていると気付いて欲しい

ハイエナって頑張っても時給2000円ですよ?若い人にとって時給2000円は魅力的かもしれませんが、スロット打ってる間は他に何も得ることができないです

今は満足しているかもしれませんが、5年10年と経つ内に同じ年代との人生の経験値が桁違いに変わります。さらにギャンブル依存症がおまけでついてくる負のスパイラル。

今が楽しければそれで良い。反抗期の年代が言うような事をやっているようにしか見えないです。

現に、スロット情報を展開しているハイエナ先駆者たちはスロットを打つ頻度が少なくなっています。情報展開するためにスロット打っているくらいですかね。

将来を考えているのならば辞めるべきなのは明白です。

このまま辞めずに打ち続けて6号機で勝てなくなったとしても、きっぱり辞めることが出来ないのであれば今が考え直す最高のタイミングなのではないでしょうか。

勝てなくなって、ハイエナで稼いだ分がむしりとられないように。

最後に

パチンコに行く頻度を半年に1回まで減らした頃から、仮に時給2000円でパチンコを打てと言われても打ちたいとは思いませんでした。

他に楽しいことがたくさんあるからです。友達の付き合いで行くくらいがちょうど良いですよ。

2 件のコメント

  • ある程度なら勝てるけど労力と時間がもったいないと感じる。
    たまにならいいと思うけど毎日毎日打つのはかなりの苦痛。

  • 私もスロット毎日、行ってましたが辞めました。
    時間無駄ですね。明日のスロットの事しか考えられなくなります。
    健康にも悪いし、気持ちも高ぶる、タバコも増えるし、肩もゴリゴリ、
    他に目が向かないから笑えなくなる。飯は不規則、勝っても負ける、パチ屋の不正疑う、
    精神的にまともじゃなくなる、金銭問題 他
    パチンコ、パチスロは、勝とうが負けようが時間の損です。
    覇気無い人間、余裕無く明日は犯罪者のような精神以上な無職がたくさん集まってます。
    行けば、また行きたくなるので完全に足を洗うのが一番勝ち組だと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    「豊かな人生を送りたい」をテーマに様々なジャンルの記事を書いています。知って得する情報を提供していますので是非ともご覧ください。 皆様に少しでもタメになるような記事が書けるように日々精進しております。是非ともフォローお願い致します。