AirPods(Pro)のケース側を紛失した場合は「探す」アプリでみつけられる?

愛用していたAirPodsの充電ケース(イヤホンがない状態)を紛失してしまい、見つけることができずに諦めました。

Apple製品を紛失したときに重宝する「探す」アプリでもAirpodsを探したのですが色々わかったことがありましたので記事を書きたいと思います。

動画でも解説しています。

「iPhoneを探す」で現在位置を把握できるのはイヤホン側のみ

「探す」アプリを使用すれば、AirPods(Pro)のイヤホン側は現在位置を特定することができる場合があります。もちろん、イヤホンの充電がなくなっていない状態であることが前提です。

AirPodsを紛失する場合は下の3通りが考えられます。

AirPodsの紛失シチュエーション
1.イヤホンのみ紛失
2.イヤホンとケース両方を紛失
3.ケースのみ紛失

紛失した時の状況で探し方が変わってきます。それぞれどのように探せば良いのかを解説します。

1.イヤホンのみ紛失した場合

イヤホン側のみを紛失した場合は「探す」アプリで見つけることができる可能性が最も高くなります。

なぜなら、イヤホンのバッテリーが残っていれば「探す」アプリで位置を把握できるし、遠隔で音も出すことができます。

2.イヤホン&ケースを紛失した場合

ケースにイヤホンを入れた状態で紛失した場合は、イヤホンがオフライン状態となるため「探す」アプリではリアルタイムの現在地把握やサウンドを出すことはできません。

しかし、最後に確認された位置が表示されるので、イヤホンをケースに入れた場所の位置を把握できる場合があります。

また、サウンドを保留にしてあげれば、誰かがイヤホンのケースを取り外した時にAirPodsが見つかったことを通知することができます。

まずは、AirPodsがオフラインで表示されている位置を必死に探しましょう。それで見つからなければサウンドを保留にしておきつつ、自分の記憶を頼りに必死に探すしかありません。

3.ケースのみ紛失した場合

残念ながら、充電ケースのみ紛失した場合はかなり運が悪いと思った方が良いです。

イヤホンはあるけどケースだけないという場合は「探す」アプリに助けてもらえません。自力で探すしか手段がありません。

上でも書きましたが、Airpodsのケース側には位置情報を知らせるための機能がありません。

イヤホン側の位置情報が更新されてしまうので、ケース側を最後に使用した位置なども把握することができません。

“わんこ”
管理人は充電ケースのみ紛失してて、「探す」アプリで探せないことが判明して絶望してたよ、、、
“パンダ”
ケースだけでも良い値段するから、位置情報取れるようにして欲しいよね。。。

AirPodsのケースを紛失して学んだこと

私も今回の紛失を教訓に、ケースを無くさないように対策することにしました。

AirPodsは高価なので、紛失してショックを受ける前に対策をしておくのが良いと思います。

安価な方法で紛失を防きたいなら、ストラップ付きの専用ケースが良いと思います。

他にも、充電ケースカバーのフックに紛失防止タグをつけるのも良いと思います。

あとは、ポーチなどの小物入れに入れる習慣をつけておくのも1つの手段です。

(習慣化が苦手な人はリマインダー使いましょう)

ABOUTこの記事をかいた人

「豊かな人生を送る」をテーマに色々なジャンルの記事を書いています。知ってると得する情報、賢い商品の買い方、アプリの使い方などが多め。(月間PVが8万を超えました。)