【保存版】カードゲーム「DOS」の遊び方・ルール

UNOの兄弟作で人気のカードゲーム「DOS」の遊び方を解説します。

ゲーム内容

DOSは、最も早くカードを全て捨てられたら勝ちです。各ラウンドで点数計算をします。色ではなく数字のマッチが重要なゲームです。

  • 7枚ずつ配りゲーム開始
  • 最も早くカードを全て捨てることができた人が勝ち
  • 手札が残り2枚になったら「DOS!」と叫ぼう

カードの種類

カードの種類は以下の3種類です。

ノーマルカード(青緑赤黄)

「ワイルド#」カード

「ワイルドDOS」カード

ゲームの進め方

まずはゲームを開始するまでの流れを覚えましょう。

  1. 親を決めます。各自カードを1枚ずつとります。数字の一番大きなカードを引いた人が親となります
  2. 親がカードをよく切り、各プレイヤーに7枚ずつ伏せて配ります
  3. 残ったカードは引札として使いますのでテーブルの中央に伏せて置きます
  4. 引札から2枚めくり、中央におきます。このカードがセンターカードとなります。

以上で準備は完了です。親の左どなりの人が最初のプレイヤーです。順番は各自で決めましょう。(左回りが基本です。)

カードの出し方

ゲームの進め方を知る前に、カードの出し方について解説します。ここで説明する内容は重要です。

a.ナンバーマッチ

ナンバーマッチとは「数字を一致させる」ことです。色は一致していなくてもOKです。

シングルカラーマッチダブルナンバーマッチの2種類の方法でナンバーマッチさせることができます。

図で説明します。

センターカードと手札(説明のため表向き)があります
1枚でナンバーマッチさせる=シングルカラーマッチ
2枚でナンバーマッチさせる=ダブルカラーマッチ
※トリプルカラーマッチはありません
ナンバーマッチさせたカードは捨て札となります。

b.カラーマッチ

上で紹介したナンバーマッチでは、色が関係ありませんでした。しかし、色を合わせてナンバーマッチさせることでゲームを優位に進めることができます。

色を合わせてナンバーマッチさせることをカラーマッチと呼びます。カラーマッチは2種類あります。

1つ目が、シングルカラーマッチです。

シングルカラーマッチをした場合のカラーマッチボーナス
・自分は手札から1枚センターカードとして出すことができる。

もう一つは、ダブルカラーマッチです。

ダブルカラーマッチをした場合
・自分は手札から1枚センターカードとして出すことができる
・相手全員に山札から1枚ずつ引かせることができる

カラーマッチを行うことで、ゲームを有利に進めることができます。

特に、ダブルカラーマッチは相手の手札を一枚増やすことができるので強いですね。

最後に、まとめの図を確認しましょう。

プレイヤーの流れ

続いて、ゲームの進め方についてプレイヤーの流れを解説します。※文章で説明していますが、動画を見ていただくとより理解しやすいと思います。

・順番がまわってきたプレイヤーは、以下どちらかを選択します

  1. 手札からセンターカードに、ナンバーマッチするカードを出す。
  2. 引き札からカードを1枚引く。※引いたカードかナンバーマッチできるカードなら出してよい。ナンバーマッチできない場合は、手札から一枚ナンバーカードとして出さなければなりません。

・マッチさせたセンターカードは捨て札に移動

・新しいセンターカードを引き札の山から2枚になるまでめくる

シングルカラーマッチおよびダブルカラーマッチの回数分、手札からカードをセンターカードに出す

ダブルカラーマッチさせた回数分、相手は手札からカードを引く

得点の計算方法

  • 1人があがったらラウンドが終了
  • 勝った人は相手全員の手札に残っているカードの合計点が得点になる
  • 負けた人は自分の手札に残っているカードの合計点を減点する
  • 合計点が200点になった人が勝者
カードの点数
数字カード(ノーマルカード):数字の通りの点数
ワイルド#カード:40点
ワイルドDOSカード:20点

相手の手札が少なくなってくる前に、ワイルド#カードは使用しておいた方がベターです。

ワイルド#とワイルドDOSを使いこなそう

参考に、ワイルド#やワイルドDOSカードの出し方について色々な例を見てみましょう。

ワイルドDOSが手札にある時

センターカードが「ワイルドDOS」の時の出し方


ワイルド#が手札にある時の出し方

センターカードが「ワイルド#」の時の出し方

ワイルドDOSとワイルド#のカードをうまく使いこなすことで、ゲームを優位に進めることができます。使い方をマスターしましょう。

おまけ:DOSを忘れやすい場面

相手が「DOS!」と言い忘れやすい一例を紹介したいと思います。集中すればするほど言い忘れやすくなります。指摘すると盛り上がること間違いなし!

下に記載しているようなシチュエーションの時はDOSの言い忘れがないか特にチェックしましょう。

  • 上がれる時
  • 悩んでいる時
  • カラーマッチで手札からセンターカードを出して手札が残り2枚になったとき

ABOUTこの記事をかいた人

「豊かな人生を送りたい」をテーマに様々なジャンルの記事を書いています。知って得する情報を提供していますので是非ともご覧ください。 皆様に少しでもタメになるような記事が書けるように日々精進しております。是非ともフォローお願い致します。