AirPodsのカバーは必要なのか?実際に使用して感じたメリットとデメリット

人生を豊かにするブログ「ゆったいむ」です。

AirPods のシリコンケースを実際に使って見ました。感じたメリットとデメリットを挙げたいと思います。

AirPodsカバーのメリット

1.落とした時の心配を和らげる

当たり前ですが、カバーの最大のメリットです。AirPodsのサイズはとても小さいので落としやすい。落としてしまうことにビクビクしているのであれば、カバーを購入するべきです。

さらに、AirPodsの外観は光沢があるので落とせば確実に傷がつきます。高価なイヤホンですので傷をつけた時のショックが大きい方も多いはず。

絶対に傷つけたくない!という方はカバーを購入しておきましょう。

2.滑りにくくなる

AirPodsはツルツルしています。特に、机の上で滑りやすい。シリコンカバーをつけることで、滑りにくくなります。

机に置いてあるAirpodsに手が当たり、床に滑り落ちてしまった!なんてことも。

もしカバーをつけていれば滑り落ちなかったかも?

3.操作性は大して変わらない

AirPodsの充電器はフタとボタンが1つずつ付いているだけのシンプルな構造です。

シリコンカバーをつけたとしても、フタはちゃんと開きますし、ボタンも押せます。カバーをつけることによる操作性の悪化はそこまでありません。


▲大帝のカバーにはボタンのマークがついていますので問題ありません。


▲カバーがついていてもフタの摺動性が悪化することはありませんでした。

注意しておきたい点は、AirPodsはカバーを開けばイヤホンを取り出せます。つまり、1回の動作でイヤホンを取り出すことができます。それに対して、ボタン付き等のカバーを購入すると、ボタンを外してからフタを開く必要があり、2回動作が必要です。これはかなり煩わしいと思います。

購入するときはデザイン性を重視するのか、操作性を重視するのかしっかりと考えてから購入するようにしましょう。

 

4.他人のAirPodsと見分けがつく

AirPodsは大人気商品です。2018年時点で2800万台も販売されています。そのため他人のAirPodsとうっかり間違えて持って帰ってしまう可能性があります。

カバーをつけていれば他の人と被る確率もかなり低くなるはずです。

 

AirPodsカバーのデメリット

1.愛着が少し落ちる

私は安いカバーを購入しましたが、愛着を保ちたいのであればカバーも厳選して購入するべきです。

裸のAirPodsではとても大事に扱っていましたが、カバーをつけるだけで雑に扱うようになりました。なぜでしょうかね、この感じ。

傷がつかないように必死だったのに解放されたのか?カバーをつけることでデザイン性が落ちてしまったのか。

カバーをつけないほうが大事に扱っていたと思います。雑に扱って壊さないように注意したいと思います。

 

2.シリコンカバーはゴミがつきやすい

とにかくゴミがつく!頑張って綺麗にしても、次の日に使用したらまたゴミだらけ。

裸の時はゴミがつかないのでで余計に汚く感じます。

ゴミを避けたい方はレザーカバーを買うことをお勧めします。シリコンカバーを購入するならデザイン性は気にしてはいけません。

3.フックは便利だが、外れたら終わり

私がフック付きのカバーを購入しなかったのは、フックから外れた時に確実に紛失すると思ったから。

フックから外れても落とさないように工夫する人は問題ありませんけどね。しかし、フックから外れる時なんて大抵は強い力が加わった時です。特に満員電車とか。

普段ポケットに直入れしている人にはフック付きのカバーはお勧めできますが、カバンにしまっている方はフック無しのカバーの方がお勧めだと思います。

私は、フック無しのカバーを購入して正解だと感じています。カバンに入れて持ち歩けていますので。Airpodsを失くす時はカバンごと無くした時だけです。

ABOUTこの記事をかいた人

「豊かな人生を送りたい」をテーマに様々なジャンルの記事を書いています。知って得する情報を提供していますので是非ともご覧ください。 皆様に少しでもタメになるような記事が書けるように日々精進しております。是非ともフォローお願い致します。