AirPodsのカバーやケースは必要?実際に使用して感じたメリットとデメリット

Air Podsのカバーを購入するか悩んでいる方に向けて、カバーをつけることでのメリットとデメリットを紹介したいと思います。

AirPodsカバーのメリット

1.落とした時の心配を和らげてくれる

落としても壊れにくくなることが、カバーをつけることの最大のメリットです

AirPodsはサイズが小さいので落としやすいです

落として傷つけてしまうことにショックを受けるくらいなら、さっさとカバーを購入してしまいましょう

AirPodsの外観は光沢があるので、コンクリートなどに高い位置からで落とせば確実に傷がつきます

高価なイヤホンなので、傷をつけた時はショックを受ける方も多いはずです

落とす心配をしている方は、外出時にAirPodsを使用することが多いと思うので、携帯性と耐衝撃性を持ち合わせた商品がお勧めです。

2.滑りにくくなる

AirPodsの表面はツルツルしてるので机の上で滑りやすいです

滑らないようにするには、シリコンカバーをつけておくと良いです

机に置いてあるAirpodsに手が当たって滑り落ちてしまった!なんてこともカバーをつけていれ防げるかもしれませんね。

Air podsをデスクで使用することが多いのであれば、シリコン製のケースがお勧め。

3.操作性は変わらない

カバーをつける前は操作性が悪くなるのではないかと心配してましたが、全然問題ありません

AirPodsの充電器はフタをあけるのと滅多に使用しないボタンがついてるだけのシンプル構造です

シリコンカバーをつけたとしても、フタはちゃんと開きますし、ボタンも押せます。カバーをつけることによる操作性の悪化はほとんどありません。


▲大帝のカバーにはボタンのマークがついていますので問題ありません。


▲カバーがついていてもフタの摺動性が悪化することはありませんでした。

4.他人のAirPodsと見分けがつく

AirPodsはかなり売れてます

なので、他人のAirPodsと間違えてしまう可能性はありえます

カバーをつけていれば他の人と被る確率はほとんどなくなります

カバーではなくシールも販売されてますので、他の人のAirPodsと区別したいならカバーだけでなく、シールも検討してみてください

フック付きのカバーであれば、鞄に取り付けておけるので使いたい時にすぐにAirPodsを取り出すことができます