窓用の断熱シートは100円ショップがお勧めである理由

部屋の中の温度を外へ逃さないようにするために「断熱シート」はとても便利です。

窓に断熱シートを貼れば、部屋の熱を外へ逃がしにくくなるので部屋が早く暖まります。それに加え、暖房器具の消費電力を抑えることもでき、良い事ばかりです。

さて本題に入りますが、断熱シートって高価な物から100均までピンキリなんですよ。

私としては、 100円ショップの断熱シートを断然お勧めします。

なぜ100円ショップの断熱シートがお勧め?

断熱シートを窓に貼ることで、外からの冷気や暖気をシャットダウンしてくれる効果は認められますが、「高価な断熱シートだから高い断熱効果」というわけではありません。

具体的な説明はここでは省略します。知りたい方は下の記事を読んでくださいね。

【断熱シート】100均のシートやプチプチでも十分効果がある理由!

2018.08.10

また、断熱シートとプチプチの断熱効果を検証したサイトがありました。プチプチと断熱シートの温度変化の差を検証しています。

厚さ7mmの窓ガラス結露防止シートは、予想通り1位。
室内の温度を、ほかの断熱シートより高くキープできました。
でも、最下位の気泡緩衝材と比べると、その差は平均で1.4℃
差が一番小さい時は、わずか0.9℃差。

こんなに差が出ないとは!

気泡緩衝材は大健闘ですが、窓専用の断熱シートのほうは、正直期待ハズレ。

新しい疑問も浮かびます。

気泡緩衝材とそこまで変わらない効果しかないなんて、そもそも、窓用断熱シートは本当に室内を暖かくしているのか?

出典元:くらべルート「窓用断熱シート比較【2】窓用断熱シートvs.気泡緩衝材!窓際の温度をチェック♪」

梱包材に使われているプチプチでも断熱シートとほとんど同じ程度の断熱効果があるという結果が出ています。(同じ材質なので当たり前です。)

なので、テープで貼り付けても良いならプチプチがコスパ最強です。あまったら梱包材に使えばいいし。

プチプチを使用する場合の注意点
窓を開け閉めする際に引っかかる可能性があります。プチプチだと厚い場合は潔く断熱シートを買いましょう。

「プチプチだと厚すぎる!」という方は100円ショップで販売されている断熱シートがとてもお勧めです。

また、「テープで貼り付けはちょっと・・」という方には100円ショップの水で貼り付け可能な断熱シートがお勧めですよ。下で紹介します。

100均の断熱シートの貼り方

私は、水で貼り付け可能な断熱シートを購入しました。貼り付けがとても楽なのでお勧めです!

①窓に水を吹きかけ、

②断熱シートを窓に貼りつけます。

③断熱シートと窓の間の空気を抜きながら綺麗に貼り付けます。

適当に貼り付けましたが、綺麗に貼れました。



100円均の断熱シートは様々な種類があります

上で紹介した水で貼れる断熱シート以外にも様々な断熱シートがあります。

断熱シート用のプチプチ

物はプチプチですが、イラストが描かれています。

また、プチプチの凸凹面にフィルムを重ねてあります。凸凹が見えにくくなるので、見栄えも良いですね。

すきま風防止シート

こちらは、窓ガラスだけでなく窓全体を断熱シートで覆うことで隙間風もシャットダウンすることができます。

寒がりの方にオススメ!!

おまけ

100円ショップの断熱シートを買ったのであれば、結露吸収シートも一緒に購入することをお勧めします。窓の下側に貼っておくだけなのでとても便利です。

結露吸収シートも100円ショップで販売していますので試して見てくださいね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

「豊かな人生を送りたい」をテーマに様々なジャンルの記事を書いています。知って得する情報を提供していますので是非ともご覧ください。 皆様に少しでもタメになるような記事が書けるように日々精進しております。是非ともフォローお願い致します。