【象印ステンレスマグ・水筒】2つのフタは何のため?使い方は?

人生を豊かにするブログ「ゆったいむ」です。こんにちは。

広口タイプの象印ステンレスマグ(水筒)の上側に取り付いている謎のフタ。回して開ける蓋とは別にもう一つフタが付いています。

最初は飲み口思いましだと思いましたが、全く飲み物は出てこない・・・

これは何の機能なのか??早速調べてみました。

謎のフタは、とても便利な「分解せん」。

謎のフタの正体は、「飲み口」ではなく「栓(せん)」でした。「栓」は中身がこぼれ出ないようにする機能ですね。

「栓」は水筒から中身が漏れないようにする必須の部品ですが、フタのような形状なっている理由は何故か??

実は、特徴的な機能がありました。

「分解せん」がないと組み立てられない構造

象印のステンレスマグの分解せんは、パッキンを取り付けないと組み立てることができない構造になっています。「パッキン」とは、水筒のフタの隙間を埋めるためのゴム素材です。

皆さんは「せんパッキン」を付け忘れたことがあるでしょうか?

パッキンを忘れたまま使用すると中身が大放出ですよね。カバンの中に入れていたりしたら大惨事です。特に朝などの急いでいる場合に忘れやすい方も多いと思います。

パッキンの取り付け忘れを防止してくれる機能は非常に助かります。

 

構造はいたってシンプル。パッキンを取り付けていない場合、フタがスカスカで閉まりません。

パッキンが取り付けてあるとしっかりと閉まります。

 

洗浄がしっかりとできる!

パッキンを洗浄しないまま使用すると衛生上悪いため、こまめに洗浄したいところですが意外と面倒ですよね。

象印の「分解せん」は4部品に分かれていますが、組み立てが楽チンです。また、各部品をしっかり洗浄することが可能なため衛生面で気にする方には非常にオススメです。

まとめ

象印のステンレスマグ(大口径)は、こんな方にオススメ!

・パッキンのつけ忘れを絶対に避けたい方
・清潔に使いたい方

様々な水筒が販売されていますが、パッキンのつけ忘れが多い方や、清潔感を求める方にはオススメですよ。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

「豊かな人生を送りたい」をテーマに様々なジャンルの記事を書いています。知って得する情報を提供していますので是非ともご覧ください。 皆様に少しでもタメになるような記事が書けるように日々精進しております。是非ともフォローお願い致します。