カフェへ頻繁に行く人は田舎で暮らしたほうが良い理由。都会と田舎のカフェの違い

人生を豊かにするブログ「ゆったいむ」です。
こんにちは。

皆さんはカフェを利用していますか?

私は週1ペースでカフェに行きます。かれこれ10年以上通っていまして、都会で暮らしていた頃も、現在暮らしている田舎でも利用しています。

田舎暮らしの私ですが、カフェで作業することが多い方は都会よりも田舎に住むべきであると思っています。その理由を挙げて行きたいと思います。

最大の魅力は「混雑」しないところ!

田舎のカフェは、「面積が広い」「人が少ない」「長時間滞在者が少ない」と魅力的であり、混雑しているということが少ない。快適に過ごせます。

反対に都会のカフェは非常に混雑します。人は多いし、土地が高いため狭い店舗が多いですよね。席が満席で待つことなんてザラ。頑張って空席見つけたけど超狭い〜なんてこともあります。

都会で暮らしていた頃は、

スタバ混んでる→コメダは順番待ち→帰ろ〜

なんてこともあり、頻繁に行く私にとっては本当に苦痛でしたし時間も無駄にしていました。

それに対して、田舎は全然混みません。私が行く限りでは、スタバでもコメダでも空席は必ず1つはあります。座れない・・なんてことはまだ経験がありません。

周りが気にならない

カフェにいると、下記の様に周りが気になることはないでしょうか?
・隣のヘッドフォンの音が漏れている!
・パソコンのカタカタ音がうるさい!
・会話うるさい!

1度気にしてしまうと、イライラが止まらないですよね。集中できない〜

私も都会ではこの様な状況が頻繁にありました。田舎に来てからは全くないです。田舎のカフェは、うるさければ移動すれば良いだけ。一人の有意義な時間を過ごすことができて幸せです。

車で通える!!

都会でも駐車場付きのカフェはありますが、家の近くにあるなんてことは滅多にありません。

それに対して田舎は、カフェが集中している場所は少ないものの短時間の車の移動で大体行けます。そして、田舎のカフェはどの店舗も駐車場があります。もちろん無料。田舎最高!!

まとめ

近年はブログやネットビジネスが発展し、ノマドワーカーは増加傾向にあります。カフェで仕事をする人も多いのではないでしょうか。固定の場所で仕事をする方にしてみれば引っ越氏が必要であるため敷居が高いですが、ノマドワーカーやまだ仕事をしていない方であれば可能なはず。有限である時間を大切に使いたい方には田舎のカフェを利用することを勧めます。

私ももう都会へ戻る気はしないですね。都会はたまに遊びに行くくらいがちょうどいいです。

ABOUTこの記事をかいた人

「豊かな人生を送りたい」をテーマに様々なジャンルの記事を書いています。知って得する情報を提供していますので是非ともご覧ください。 皆様に少しでもタメになるような記事が書けるように日々精進しております。是非ともフォローお願い致します。