パチ屋に行かずに公園で運動して感じた3つのこと

この記事はパチンコ依存症の方のための記事です。
パチンコは、典型的な「時間を無駄にする遊び」ですが、それでも止めたいと思わない方は読み飛ばしてください。
また、普段パチンコ屋には行かない方にもあまり得はないと思います。


私はパチンコ屋へ行きたくなった時は、公園へ運動しに行くことがあります。公園で運動すると、パチンコでは得られない3つの刺激をもらえることができると思っています。パチンコ屋では金をドブに捨てるだけです。何も得ることはできません。

依存症の方は中々パチンコ屋の代わりに公園へ行くという行動は起こせませんが、この記事をみてもらって禁パチに励んでくれれば幸いです。

その1 爽快感

得るもの その1:爽快感
先日、緑に囲まれてバドミントンをしてきました。普段運動しない私にとっては相当きついですが、運動し終えた後の爽快感はパチンコでは味わえません。

どう違うかと言いますと、
運動= 疲れた〜 今日は頑張った!
パチ= 疲れたー また負けたよ ぱち動画見よ〜

うまく表現できていませんが、簡単に言いますと「充実感が全然違う」ということです。
依存症の方は本当にこのように感じると思います。パチンコ打たない人はこの充実感を毎回味わっていると考えると本当に羨ましい限りです。

 

その2 健康面を考えるようになる

得るもの その2 健康面を考えるようになる

自然の中で運動をすると、空気の美味しさ感じます。毎日パチンコに通っている方はタバコの匂いに慣れています。そんな依存症者が自然の空気を吸うと別世界であるかのように感じることができます。(大げさじゃないです)

パチ屋の空気ってやばくない??と考えさせられます。健康面について考えるようになります。パチ屋は健康も蝕んでいることに気づきます。もうこれだけで十分パチンコに行く必要性がないことが言えると思います。

その3 次の日のやる気

得るもの その3 次の日のやる気

結局これが一番大きいのですが、パチ屋に行かずに違うことをした日は「次の日頑張ろう!」って思えることが多いです。

パチンコ打った日に「次の日頑張ろう!」なんて思いませんよね?次はいつパチンコ屋に行こうかな?でしょ?

要するに他のことに対するやる気が全然変わってきます。パチンコを打たないことで他の事を充実させることができます。これもまたパチンコを打たない人は常に充実させることができていると考えると非常に羨ましい限りです。

 

まとめ

以上が「パチンコ屋に行かずに公園で運動することで感じること」となります。毎日を充実に過ごすためにはパチンコは不要です。パチンコ依存症で止めたいと思っている方は是非とも公園へ行ったり運動してみてくださいね。

今後も禁パチしたいと思っている方のための記事を書いて行きたいと思いますので、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

「豊かな人生を送りたい」をテーマに様々なジャンルの記事を書いています。知って得する情報を提供していますので是非ともご覧ください。 皆様に少しでもタメになるような記事が書けるように日々精進しております。是非ともフォローお願い致します。